前回、GAMESS(US)入手とインストール方法について述べました。今回は、実際の実行方法について説明します。それでは、Windows版とMac版それぞれについて説明していきます。
ga00

1) Windows版の実行方法

1) 64bit版(ver.Aug 18, 2016)について説明します。インストール場所を特別指定していない場合、C:\Users\Public\gamess-64にソフト本体があります。
gu8
上図の赤枠で囲ったWindows-Command-Promptを開いて「create-parameters.bat」と入力して Enter を押します。下図のよう“Finished rungms.gms parameter file”(青枠で囲った部分)と表示されれば、GAMESSがとりあえず使えるようになります。
gu7
2) 実行方法はいくつかありますが、ここではコマンドプロンプトのコマンドを使わずにできる一番簡単な方法を紹介します。まずInputsフォルダの中にあるファイル(exam01~44)を適当なフォルダを作成し、そこに移動します。
gu9
3) InputsフォルダMacMolPltAvogadroで作成したinputファイルを入れ、double-click-run.batをダブルクリックすると以下のようなコマンドプロンプト画面が現れます。
計算が終了すると“Finished with GAMESS job submission”と表示されます。
gu10
後は、outputsフォルダに結果が出力されます。結果は、MacMolPltAvogadro, MoCalc2012で可視化することができます。
※MoCalc2012は最新のVer. 3.1.1.1以降を導入していれば、GAMESS(US) Ver.Aug 18, 2016を実行することができます。それ以前のバージョンのMoCalc2012では実行できないので注意が必要です。
GAMESS(US)との連携方法はMoCalc2012の入手とインストール方法で説明したFireflyとの連携方法法と同様です。

2) Mac版の実行方法

1) 導入の際に書きましたが、私の環境では最新版(Aug 18, 2016)で色々不具合が生じたので旧バージョンを導入しました。ファイル名:gamess-OSX.May12013R1.x86.tar.gzの方です。ダウンロードしたファイルの中にGAMESSQというアプリケーションが入っているので、これを使ってGAMESS(US)を実行します。
gu14
2) GAMESSQを開く際に、「開発元が未確認のため開けません」と出る場合はControlキーを押しながらクリックし、出てきたサブメニューから「開く」を選択すると、警告のアナウンスとともに「開く」が選択可能になります。まずは、ツールバーのGAMESSQ >PreferencesからGAMESS(US)の実行ファイルがあるフォルダを指定します。
gu11
GAMESS Path(赤枠)の方にGAMESS(US)のあるフォルダを指定してください。Spoolの方は計算の一時ファイルの保存場所なので、そのままでOKです。

3) メイン画面のAddボタン()をクリックし、MacMolPltAvogadroで作成したInputファイルを指定します。使用するコア数を尋ねるサブウインドウが表示されるので、使用可能なコア数を入力すると計算が開始されます。
注意!!: Inputファイルに日本語やスペースがある場合はGAMESSQを実行できないので注意が必要です。
gu12
画像では少し隠れてしまっていますが、赤枠のStatusの部分がPendingからDoneになれば計算終了です。終了した項目を選択して、Commandを押しながらクリックするとサブメニューが表示されます()。
既にMacMolPltをインストールしている場合は、「Open in wxMacMolPlt」から直接Outputファイルを MacMolPltで開くことができます。

GAMESSQが壊れて使用できませんというエラーメッセージが表示される場合は、以下のURLからGAMESSQを再ダウンロードしてください。Windows版もありますが、残念ながら不安定でほとんど使い物になりません。

3) おわりに

今回は、Windows版, Mac版両方のGAMESS(US)の実行方法を説明しました。 WindowsユーザーであればMoCalc2012と連携させて入力ファイルの作成から実行を行うと操作が楽でしょう。一方、MacユーザーはAvogadroの後継ソフトであるAvogadro2MoleQueueを連携させると、入力ファイルの作成から実行までをGUI上で行なえますが、導入が非常に煩雑です。また、現在のAvogadro2は機能がまだ充実していないので、導入する労力を考えるとあまりおすすめできません。MacMolPltなどで作成した入力ファイルをGAMESSQで実行する方法が、今のところ一番シンプルだと思います。
Avogadro2との連携方法はもう少し機能が充実して、導入のメリットがありそうであれば記事にしたいと思います。

【関連記事】
GAMESS(US)の入手とインストール方法
MoCalc2012の入手とインストール方法